陽心館は、乙訓地区(長岡京市・向日市・大山崎町)を中心に、空手道を通して子供たちが陽れやかな心を育めるよう活動しております。

陽心館
   
お問い合わせ:090-2049-7725 渡邊 まで

←最新情報、行事風景の写真はこちらです。
 今月の練習予定日も載せております。




集合写真

 入会時にこのようなご相談をされる
 保護者の方がおられます。

「優しい子なんだけど少しおとなしすぎて・・・。」
「甘えてばかりでいつもそばにいないと・・・。」
「なんだかたよりなくて・・・。」
「いつもそわそわしてておちつきがなくて・・・。」
「挨拶がちゃんとできなくて・・・。」
    
大切なお子様のことですので切実なお悩みであることは痛いほど感じます。 そんな保護者の方の力になることができればと思います。

 当道場にこのような声が集まっております。

「大きな声で挨拶ができるようになった」
「泣き虫が直った。」
「人見知りをしなくなった。」
「親子の会話が増えた。」
「学校の先生に『落ち着きがでてきた』と言ってもらえた。」
「よくお手伝いをしてくれるようになった。」
                 などなど・・・      
このような声を聞く度に、道場を続けてよかったと実感できます。

 事故、怪我への備えと対応

 『武道やスポーツには怪我がつきもの』という考えはよく聞きますが、
大切なお子様を預かっている以上、当道場では怪我の予防として以下の対応を行っています。

1.組手用サポーター・防具の着用

 組手練習を行う際には必ず拳を守るサポーターと胴を守る防具を着用させております。 また、保護者の方の判断で、足のサポーターの着用をしている道場生もいます。

 それに加えて本番の試合や練習試合の際には高学年は頭部を保護するメンホー、もしくは口内を守るマウスピース、 男子は急所を守るファウルカップを着用しており、指導者も怪我へは常に細心の注意を払っております。

2.競技用マットの使用

 転倒などによる怪我の防止のために、特に練習に熱の入る長岡第8小学校教室では 組手試合をするときに競技用マットを使用しております。
 試合と同じ感覚を身に着けるとともに体への負担を軽減します。

3.スポーツ保険の加入

 これらのことを用いても怪我をする可能性は否定できません。 そこで当道場では道場生全員にスポーツ保険に加入することを義務付けております。
 この保険は練習中以外に、教室への往復時の怪我にも適応されます。

4.『AED』の設置

 健康な人であっても胸部に強い衝撃が加わると心室細動が起こる可能性があります。
 そんな万が一にも迅速に対応できるよう、当道場のすべての練習施設にはAEDが設置されております。

 まずは見学、体験にお越しください。

 保護者様方にとって、大切なお子様を預けることにご心配が尽きることはないと思います。 他の生徒の様子やお子様の体験の様子をご覧いただきたいと思います。また、ご質問やご相談がありましたらぜひお聞かせください。
 指導者一同、心よりお待ちしております。